妊娠中はデコルテニキビが出来やすい

妊娠中はデコルテラインにニキビが出来やすいのか?

妊娠すると、女性ホルモン増加の影響で肌がキレイになるイメージがあります。確かにそれは間違いないのですが、妊娠初期に関してはデコルテラインなどのニキビに要注意です。

 

この時期はホルモンのバランスが大きく変化し、肌の調子にも変化が見られやすい時期になります。具体的には妊娠をし続けるために必要なプロゲステロンというホルモンが、妊娠初期には急激に増加します。実はプロゲステロンには肌の皮脂の分泌を促進させる働きがあるため、これが増加することで皮脂も多くなってしまうわけです。

 

デコルテラインは本来成人しても一定量の皮脂が存在する部分ですから、更に皮脂が増えることでニキビができやすいメカニズムが成立してしまいます。

 

あるいは妊娠をし子宮が大きくなると、腸が狭くなり便秘の原因になる場合があります。便秘は肌荒れの原因としてよく知られていますが、もちろんニキビの原因にもなります。ある程度落ち着いてくると排便もしやすくはなりますが、妊娠によりニキビができるのにはこうした理由もあるのです。

 

特に初めての妊娠となると心身共に戸惑い、ストレスが溜まったり食生活の乱れにも繋がります。なかなかしっかりと自分へのケアができにくくなるため、ニキビができやすいのも仕方がありません。

 

段々と時間が経てばホルモンバランスなども安定して肌の調子も良くなっていきますので、デコルテラインにニキビができても慌てず対処すれば問題ないでしょう。

妊娠中に出来た胸元のニキビをケアするには?

妊娠中に胸元にニキビができる方は少なくありません。それは、妊娠することでプロゲステロンという女性ホルモンが盛んに分泌され、その影響で皮脂の分泌が活発化されます。

 

皮脂が排出される皮脂腺が、胸元付近に集中しているため皮脂量が過剰に分泌されてしまう状況になります。そして、肌のターンオーバーが追い付かずに、皮脂が毛穴を詰まらせることでそこにアクネ菌が繁殖してしまい、ニキビになってしまうのです。

 

また、もう一つの原因としては、妊娠することで汗をかきやすくなることがあります。その汗と服や下着とのこすれからニキビとなってしまうことがあるのです。こうした妊娠中のニキビの改善としては、清潔にすること、日々のケアを怠らないことが大切です。

 

ニキビは進行してしまうもので、ひどくなると跡に残ってしまうこともあるので、早めの対応が必要です。汚れは良く泡立てた石鹸で優しくマッサージ洗いをします。汗をかいたらなるべくシャワーで洗い流す、清潔なタオルで拭き取ることを心がけます。

 

そして、入浴後にはしっかりと保湿をすることが大切です。肌の乾燥は古い角質を肌に残してしまい毛穴を詰まらせてニキビのもとになってしまいます。清潔にすること、肌に潤いを持たせることが何よりも大切なのです。