生理前のデコルテニキビが出来やすい

生理前はデコルテにニキビが出来やすい

生理前・生理侑は黄体ホルモンの影響で胸元にニキビが出来やすい

女性の性周期は2種類のホルモンの周期的な変化によってコントローされています。その2つのホルモンがエストロゲンとプロゲステロンです。まず最初にエストロゲンが上昇すると排卵が起きます。この間はエストロゲンの分泌は多くありません。

 

排卵が起こると黄体が形成されプロゲステロンが分泌されるようになります。お肌もこのホルモンの周期的分泌の影響を受けており、エストロゲンはお肌には良い影響があることが知られていて、女性の美しさの源ともいわれています。一方、プロゲステロンは肌にはよくない影響を及ぼすことが知られています。

 

プロゲステロンは皮脂の分泌を促進し皮膚を脂っぽくさせます。皮脂の分泌が増加すると、皮膚にいるアクネ菌に代表されるニキビ菌は皮脂を栄養分として増殖します。

 

また皮膚の細胞のターンオーバーを悪くしてしまうので増殖したニキビ菌が詰まって炎症を起こしやすくなるためニキビが悪化しやすい状態となってしまうのです。プロゲステロンはまた、皮膚の細胞に作用してメラニン色素の産生を促進します。

 

メラニン色素が増加し、シミやそばかすを作ります。さらにはお肌に対する作用としてはむくみを作りやすくします。プロゲステロンは妊娠した時には妊娠を維持していくためにはとても重要なホルモンです。プロゲステロンが低下してしまうと流産のリスクが高まります。

 

妊娠中は女性の体内の血液量などを増加させなければいけないため、プロゲステロンには体の水分貯留を維持する作用がある為です。

 

女性の生理はこの2つのホルモンが急激に体の中で減少して子宮内膜がはがれることで起きますがホルモンバランスが急激に乱れる時期でもあります。もともと皮膚の状態が悪くなりやすい時期に続いて、ホルモンバランスが急に乱れるため、この時期の前後は特にお肌の変調をきたしやすく、胸元などにニキビができやすくなります。

生理前の胸元ニキビを予防する方法

生理前の2週間は、プロゲステロンと呼ばれる、黄体ホルモンの分泌が増加するため、皮脂の過剰分泌を引き起こし、デコルテや顔などにニキビができやすくなります。

 

そのため、生理前の2週間は、いつもより念入りにスキンケアを行う必要があります。具体的なスキンケア方法としては、入浴時に、シャンプーやトリートメント、ボディーソープなどをしっかりとすすぎ、お肌にそれらの成分が残らないようにすることや、肌に優しい素材で出来た下着や衣類を身に着けること、顔と同様に、化粧水や乳液などでケアを行うこと、デコルテを洗う時は、しっかりと泡立てたきめの細かい泡で優しく洗うことが大事です。

 

胸元は、皮脂腺が多い部位ですので、しっかりとしたケアを行うことで、ニキビが出来るのを防ぐことが出来ます。